バストアップと睡眠時間の密接な関係

 

皆さんは、バストアップに睡眠が必要だという事を
ご存じでしょうか。

 

睡眠不足になると、自律神経の乱れや女性ホルモンの
バランス、成長ホルモンの分泌低下が上げられます。

 

自律神経が乱れると、普段意識しなくても機能する呼吸や
消化、血液、代謝、免疫、ホルモン分泌の調節の乱れの他に、
交感神経と副交感神経も乱れてしまいます。

 

この交感神経と副交感神経がバランス良く働く事で
代謝が良くなり、血液やリンパ液の流れが促進され、
消化や吸収機能も向上し、栄養が全身に行き渡り、
バストに栄養が行き届き安くなり、

 

さらに女性ホルモンの分泌を良くさせます。

 

その為、自律神経の乱れを整える事がバストアップに
繋がります。

 

また、バストアップに必要なホルモンとして女性ホルモンが
良く上げられますが、成長ホルモンも重要になっています。

 

バストにはラクトゲン受容体があり、これが成長ホルモンに
よってバストの成長に大きく関わっています。

 

このラクトゲン受容体は、思春期である12、3歳の頃から出来る人
もいれば20〜30歳の間に出来る事もある等個人差があります。

 

大体30歳位までラクトゲン受容体は成熟するので、成長期を過ぎた
20歳以上でも成長ホルモンを促す事でバストアップが期待する
事が出来ます。

 

成長ホルモンも、女性ホルモンと同様睡眠を取っている時に
分泌されるので、睡眠が重要になります。バストアップに必要な
睡眠時間は、特に肌のゴールデンタイムとも言われる午後10時から
午前2時の間に睡眠を取る事が大切で、

 

この時間帯に睡眠を取る事でホルモン分泌が活発となり、
バストアップが期待出来ます。

 

その為、成長期にこの時間に睡眠をあまり取らず、寝不足でいると
十分なバストアップが出来ない事があります。

 

夜更かしせず、規則正しい生活を送る事でバストアップだけ
で無く肌の調子を整える事にも繋がるので、
日常生活の中で注意しておくと良いでしょう。